読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウンノナミダ。

クラウンは正直になれない。だから、おどけ、ふざけ、笑われようとする。不器用な小心者のねじれた日常。

腹立たしさを覚えながら

トップの突然の申し出に戸惑ったまま帰ってきた。
正確には申し出ではなく、一方的な都合を告げられた、が正しいか。
動揺しすぎて反省。
肝心な事を聞きそびれた。

本人たちにそれを話したかどうか。

帰りのバスでぐるぐるぐるぐるひたすら考えた。

弟は、秋以降の事について打ち合わせたと呟いていた。
どうだろう・・・

あの人たちの意思はあるのだろうか。それが一番気になった。
本人がやりたくないっていうなら、こちらが無理を強要するのは難しい。
だが、致し方なくというのであれば、時期尚早。
そして、あの人たちの意思がどうこうではなく、
トップの単独判断であれば、おかしい話だ。

いくら時間を経て、会社の付き合いになっているとしても
事の発端は、俺とあの人らとの3人の付き合いがあったからこそ始まった話だ。
最初のスタートは何だったか、思い出してほしい。
会社だからトップの判断があるのはわかる。
だが、あまりにもそれでは義理も人情も無さ過ぎる。
好きで勝手にやってると思われても仕方がないが・・・
そっちの不利益になるような事を、したことがあったか??
その恩返し、おたくはどれくらいした?
兄さんとはやりとりしたけど、会社としての譲歩を見たことは、
ごめんだが正直ないのだ。今時点で。

それでこの仕打ちか。

何もこちらは話していないのに、
一方的に決めつけるのは、このフィールドでの仕事相手としてあり得ない。
納得どころの話じゃないから、軽蔑の域に行くぞ苦笑
と思ったしね。

とにかく電話した。
自分の都合の悪い時は、電話に出ないことを
先のドタキャンで知っているので、
しつこく書けるしかないと思った。
一度出た。打ち合わせで改めてと。

随分遅くにかけ直してきた。

内容が内容だからいいけれど、
普通の常識の時間じゃないからな!

トップの意思らしい。

本人達には話したとのこと。

だがしかし、時期尚早だ。早い。少し前向きに考えよう。
まだ何も話し合いをしていない。
考え直す方向でいったん切った。
そこで、外向きの販売の話が出た。
なるほどな。


・・・なんにせよ、本人と話す必要があるということかもしれない。

あの人たちの意志がわからなければ、こちらも、動きようがないぞ。