読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウンノナミダ。

クラウンは正直になれない。だから、おどけ、ふざけ、笑われようとする。不器用な小心者のねじれた日常。

背を向けた二組の懐古の行方

きてぃさんとこの
ロックさんグループととポップスキラキラさんグループの
3次元DVD会場予約イベに行ってきた。
自分は第2部に参加。

「1部はゲームばっかりしてて全然喋ってなくて〜」
とこぼしている人がめちゃめちゃ多かった 苦笑

そ、そうなんだ・・・
まあ、2部制のイベントあるあるだよね。
過去、特撮イベントも後半の方がラッキーな思いすること多かったから、
すごくよくわかるよ。

2部めちゃめちゃ喋ってたもん。
顔がお疲れだったな・・・。
画面に映るとなおお疲れが滲み出てた。
人生に疲れた・・・って冗談でもしんどいのだろうなと
言葉に出して発散中なんだと思ったよ。
返しに失敗した自分を許してくれるかね・・・あの人は。

番号が早い方だとは思ってなかったけど、
3桁じゃないってだけで、ほぼほぼ前から4列目くらいには座ってたよ・・・
400番台まであったって声が聞こえたから、
早い方だったって座ってから気が付いた。

その後、深追い女史さんと合流予定だったけど、
普通に考えて待ちすんだろうな・・・思って、
振り回されるの嫌だし 苦笑
それを待つことで同じように待ちしてると思われるの嫌だし 苦笑
何も連絡せずに移動←
どっちにしろ、あっちに夢中な間は、
絶対的に連絡来ないの知ってるから。



ぬるっとショップへ。
店頭のお人形さんが見たかったのが一番だけど、
グッズがあれば買おうと思ったのよ、財布さびしいけどさ。
見事に無かったね…笑
人気だなぁ。ロックな黙示録は。
自分は後姿が好き。




更に、1年半ぶりにおかあさんロッカーのリリイベに。
年齢層が高い←
ごめんけど、自分もまあまあ歳くって来たけど、
自分より若い人いたのかな・・・
どう見ても、かつてのお姉さまが
そのまま歳を重ねたよってお姉さまばかりだった・・・よ・・・

冬に覗いたライブハウスでも、それを感じたんだけどね。

良く調教されてるから、お手振りは完璧なんだけど、
なんせ熱気がないのよな・・・
決まったことを決まってやる、本当に振りだけって感じの空気が、
どうも熱を感じなかった、そのままがリリイベでも見えて、
元気よく手を振る感じにならないっていう・・・

さらに衝撃的だったのは、

あの、

すごく正直に書くけれども、

お前ナニサマ、みたいなトークになっていた。

・・・とても残念だ。

・・・・・・とても、残念だ。


ライブ中のお前ら発言とか、昔からだから違和感ないんだけど、
喋り方が、上からのファンのみに向けてのものだけになってる所に
すごく違和感があった。
ああ、この人は、もう、囲いしか視界に入ってないんだと思って、
幻滅した、というのがいいのか・・・。

その割には、客席がそれに対して
カッケーなコイツ!っていうアクションじゃないというか、
・・・まあ、滑ってたんだよね。

とにかくステージの上で煽る彼の勢いが
会場の客に反映してない、
いつもどーりな空気感ってのに違和感しかなかったというか。
これで本当にいいとは思ってないけど、
会場が乗ってこない、どーして?ってなって
少し優しく振り指導しちゃってへにゃってなっちゃってたりとか、
もはやファンとの距離感も探ってる感があったこともあるというか。

自分はそんなに彼のソロに通いつめたりしてないけど、
普通に一般客として見て、楽しいライブに見えなかった。
いい空気感というのは1曲でもわかるものだから。
まだ、復刻版の時のライブの頃の方が断然に良かったよ。
ライブパフォーマンスに関しては。

彼の引っ張ってくるダーの音楽は好きだし、
その上に堂々と乗る声は、
やはり彼の生まれ持った天性の声だと思うから
嫌いにはなれないのだよな。

ただ、応援は出来ない、と明確に思った。



彼の上から目線な雰囲気を感じたのは、
やはり背後に神がついたからなのだろうか。
なんにせよ神、神、神、で、
お前は神に使われるだけの人形みたいになってるけど、
それでいいのか!?ってすごく強く思った。
神と対等に並ぶような、お前独自の道は、作ってこれなかったのか。
15年経って、今更、神にすがるのか。
それで食っていけるなどと、思ってないのだろう?と。
っていったらすごく酷だし、
それこそお前ナニサマなのわかってるんですけどね・・・

彼は所詮、唄うたいでしかなく、
創造主たるアーティストではないのだ
昔からわかってはいたけれど、
15年経って、まわりまわった今を見て
認めざるを得ないのだなと強く感じた。
つらいな。

・・・・・想像だが、たぶん彼自身も痛い程わかっている、気がする。

非情にも、弟くんが彼を慕わなかった理由もそれだ。

それでも彼がこの世界で、ある一定の囲いによって食っているのは、
きちんと営業できているからだと思う。


そうはならない。
って兄さまと弟くんの想いが少しだけ覗き見えた気がした。
気のせいだと思うけれど。