読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウンノナミダ。

クラウンは正直になれない。だから、おどけ、ふざけ、笑われようとする。不器用な小心者のねじれた日常。

今の自分の感情がわからない。

日朝ヒーローたちの夏の映画、ナイト上映に滑り込みで入ったら、まさかの貸切だった。・・・だからといって、なにかするわけでもないが、独り言多めで自由に楽しんだ。

 

途中、昼にかけた電話の折り返しが入る。タイミングが悪い。スケジュール難しいとのこと・・・だろうなと思っていた。ひとまず、先にスケジュールがあるのか確認してくれと。明日聞きます…ほぅ?今から聞けや!と思わず心の中で叫ぶ。それ次第でこちらの作業が変わるというのに・・・わかってない。無理させないようにといろいろ考えているのだが、それが弊害になって、企画が全然投げられない・・・問題だ。この人たち、忙しすぎる。

 

萎えた。

 

映画もまあまあだった。わるくなかったけど、いろいろ唐突過ぎたな・・・。あと、伏線がなさ過ぎた。どうしよう、面白いと思えない。役者は皆、とてもいい芝居してんのに。そこにちゃんと生きてるのに、その流れの辻褄や時間軸が違和感。面白くない・・・

 

違う意味で泣けた。

 

今日は、朝からだるい。

風邪による体調不良が残っているようだ。とにかくやる気が起きない。朝もしんどかった。起きられなかった。それも手伝っているのだろうか。

 

仕込みの電話はするする進んだ。しまった、来週の方打ち合わせはしてない。

 

土曜のイベントをどうしたものか。昨年適当だったから、こちらも構えてもなと思ったが、果たしてそれはどうなのか…謎。とにかくそれが気が重い。

日曜は嫌いな作り手の現場を覗きに行くことになる。威圧的な人間は苦手だ。勝ち誇った話をされるのだろう。そんな人間が作る現場をある意味見たい。どんなに素晴らしいイベント裁きだろうね。

 

ことある事に今、すべてのことが全く順調でない。それが、気負いになって、もっとひとつひとつのことができなくなっている。自分はダメなヤツだと、自分で思っている。これは、なかなか生きるのにしんどい精神状態だ。困ったな。

 

映画帰り、お世話になっている営業と出くわした。

あれはその後どうなったか、と聞かれた。

 

継続?

継続になんとかしました。

提供の話は?

すぐやめるのは待ったをかけました。でも、あの社長のことなので、わかりません。

やめるにも手続きがいるからな…1ヶ月はいるよ。

ですよね、前聞きました。

 

タイアップつけてモノづくりでなんとか持っていけないか、の話を向こうからされた。そうして欲しい。願ったりかなったりだ。少しだけ、救われた。

 

作り手は、面白いものを作ってお金にしなければならないが、お金のために仕事をすることもある。だが、それは常ではないと、自分は思っている。

 

企業だから、お金にならないものはやらない、のもよくわかっているけれども、美品や、個人が得するパソコンの新調、腕のない下請けへのぼったくられなど、アホだろと思うようなところに湯水のように金が使われてるのに、現場に金使うな命令が出て、人件費削減で、担当仕事を減らされ、代休処理と残業代削減で働きすぎだから働くなと言われるのだ。仕事を山のように振った張本人に、だぞ。それだけ仕事ふっといて仕事するな?は?自分が上から睨まれるから、が理由の一番最初・・・そりゃ、こっちはキレるわ。

 

自分のやりたい仕事の業界なぞ、ブラック企業だらけだとわかってこの世界に入った。今も大して上がりもしない給料削って追っかけしてる。ともすれば、それで仕事をとってくるほどには動いている。それで少しでもと会社に金が入るような流れまでつかんだ。それは、俺の仕事じゃないけれど、営業は助かったわーなどと言っていた。お前の仕事だ、それは。

 

一切会社の補助などない。それもわかって動いている。好きの延長がこの仕事だ。公私を混ぜなければ、面白いにたどり着きやしない。そこまでしてでも、今やめようと思わないのは、いろいろとあるのだが、ここであえて言うなら、この2年で兄弟と出会って仕事が出来てるから、だ。

 

今この世界に自分がいるのも、兄弟たちからたくさんのものを学び、貰った、青春時代のおかげだ。自分としては、ひとつその恩返しなのだ。かつて、自分がたくさんのものを貰ったように、また兄弟たちは発信して行こうとしている。それならば、今この世界に入った自分が出来ることをやりたいではないか。そして、今、やれているのだ。

 

今の自分の感情がよくわからない。

 

かつてはイロモノだと思っていた。今もそうかもしれないという疑いはある。だが、これは、この感情は、一体何なのだろう。

 

取り留めがなさ過ぎる。

とにかく、今、自分の心が不安定過ぎる。

 

大丈夫か、自分・・・。